コメントする

骨董として買取してもらえる仏像について

神秘的な雰囲気が魅力の仏像ですが、不要になったなら骨董買取を行っている店舗に持ち込んでみましょう。

高値で売れるものの特徴として、有名な作家であるかが一つとしてあげられます。
有名でありながら、残した作品の数が少ない作家のものだと、かなりの高値がつくことも珍しくありません。

続いて、素材があげられます。金属製や石製、木製などの種類が存在しますが、貴重な素材であるほど高く売れます。
歴史的な価値のある仏像であると、驚くような買取価格になる場合もあります。

まずは正確な価値を調べるために、骨董買取店で査定してもらいましょう。
鑑定士が丁寧に価値を確かめて、結果を教えてくれます。

仏像に詳しい店舗であれば、より正確な鑑定結果が得られ、本来の価値で買い取ってもらえるチャンスが高まります。

持ち込むときにはできるだけ綺麗な状態であるのが一番ですが、むやみに汚れを落とそうとすると、
キズがつくなどして価値が下がる恐れがありますので控えましょう。

コメントする

鬼瓦を骨董品買取してもらうポイント

鬼瓦は瓦屋根の末端に、装飾と雨仕舞いを兼ねて使用される瓦です。

もともと魔除けとして使われる意味合いが強かった事から、
実用サイズのみならず鑑賞・装飾に特化したコンパクトなものが
存在するのも特徴です。

一方、近年は集合住宅を中心に瓦を使わない建築も一般化しており、
その数自体は減少傾向にあります。

ですがそれ故にものによっては希少価値が高まる傾向にもあり、
骨董品としての需要が増加する傾向にあります。

鬼瓦の骨董品買取においては、より製作年代が古いものと
比較的大きなサイズで実際に建築に使われた形跡のあるものが、
高い買取査定となる傾向があります。

双方の条件を高いレベルで満たす場合、数十万単位の金額と
なる事も少なくありません。

一方で実用性を兼ね備えたものであるだけに、骨董的価値が
必ずしも理解されていない面もあります。

本来なら高額査定になる筈のものが価値の無理解故に
安価になるケースも想定される事から、鬼瓦の骨董品買取は
買取・販売実績共に充分な業者選定を行う事がポイントとなります。

コメントする

骨董品買取出来る品目は?

鬼瓦は瓦屋根の末端に、装飾と雨仕舞いを兼ねて使用される瓦です。
もともと魔除けとして使われる意味合いが強かった事から、
実用サイズのみならず鑑賞・装飾に特化したコンパクトなものが
存在するのも特徴です。

一方、近年は集合住宅を中心に瓦を使わない建築も一般化しており、
その数自体は減少傾向にあります。

ですがそれ故にものによっては希少価値が高まる傾向にもあり、
骨董品としての需要が増加する傾向にあります。

鬼瓦の骨董品買取においては、より製作年代が古いものと
比較的大きなサイズで実際に建築に使われた形跡のあるものが、
高い買取査定となる傾向があります。

双方の条件を高いレベルで満たす場合、数十万単位の金額と
なる事も少なくありません。

一方で実用性を兼ね備えたものであるだけに、骨董的価値が
必ずしも理解されていない面もあります。

本来なら高額査定になる筈のものが価値の無理解故に
安価になるケースも想定される事から、鬼瓦の骨董品買取は
買取・販売実績共に充分な業者選定を行う事がポイントとなります。

コメントする

骨董品買取業者の役割について

骨董品は興味の無い方から見ればただのガラクタに見えてしまう
事もあり雑に扱われる事もありますが、どれも長い年月を
生きてきた歴史の生き証人でもあります。

骨董品買取業者の役割にはそうした品を発掘し適切に保護をすると
いう事があります。

元々が古い物ですので雑に扱われればそれだけ劣化も
早くなってしまい価値が失われてしまうからです。

そうした品を買取また大切に扱ってくれる方に流す事で
その品物の保護にもつながり、また価値が一層高まっていくと
いう事を考えれば骨董品買取業者の役割は文化の保護と
いった点からも大きなものです。

骨董品はどのような品であれ失われれば二度と同じ物には
出会えない貴重なものです。

そして残念ながら雑に放置されている物や適性な評価が
されていない物、その中で失われていく物も多いという事があります。

骨董品買取業者はそうした品物に再び日の目を見せると共に
適正に評価し保管される環境を与えるという役割も担うのです。

コメントする

骨董品買取で有名な鑑定士に依頼するメリット

骨董品買取に於いては、できるだけ高く買い取ってほしいと
誰もが思うものです。

しかし、現実にはなかなかそううまくはいかないもので、
特に珍しい物や希少性の高いものほど、高く買い取って
もらえないことも少なく有りません。

買取金額に納得がいかないときは、買取業者を変えてみるのも
一つの方法です。

骨董品の評価は鑑定士によって大きく変わってくるものだからです。

一般的に有名な鑑定士ほど的確な査定をしてくれるものです。
その理由はその知識にあります。

有名な鑑定士ほど、さまざまな骨董品を査定しており
その知識も豊富なため、珍しいものであっても
その価値を十分に理解しています。

そのため、より正確な査定を行ってくれるのです。

逆に知識のない人は高く買い取って売れなかったら
大変なことになるため、基本的に安く買い取ることで
そのリスクを減らそうとする傾向が有ります。

骨董品買取りにおいて有名な鑑定士に依頼することのメリットは、
その知識の豊富さからより適切な査定を行ってくれるところに
あるのです。

コメントする

骨董品買取で判断の難しい焼き物の扱い

大皿・茶碗・花瓶などの焼き物は、素人目から見たら
芸術的な要素を感じられないからといって廃棄してしまいがちですが、
焼き物は見た目の良さから骨董品の価値が定められる物では
ないので、諦めずにまずはどんな焼き物でも骨董品買取することが
一番大切です。

骨董品買取の視点から見ると、年代や作家を基準に
買取額が決まるのが一般的です。

また焼き物の種類によって人気の作家、高値が付きやすい
作家があったり、買取店によっては無名の作家・ヒビが割れていても
買取可能なお店があるなど様々な扱いの違いがあります。

例えば茶碗を例に挙げてみると、茶碗は「桃山時代」のものが
高値な買取傾向にあり、作家で言えば楽吉左衛門の茶碗が
高値買取傾向にあり、どちらもコピー品も存在していることから
茶碗は「古美術骨董商」でも見分けるのが難しいジャンルでもあります。

その事からも分かる通り、さらに高度な技術を要する
鑑識眼のある古美術骨董商がいる骨董品買取店に依頼することも
重要です。