手土産を風呂敷から出して手渡すタイミング

風呂敷で丁寧に手土産を包んできたのに、渡すときにマナー違反を
しては意味がありません。

手土産を風呂敷から出して手渡すタイミングやマナーについて
しっかりと覚えておくことをおすすめします。

手土産は相手に対する贈り物なので、きちんと渡すことが大切です。

風呂敷に包んだ手土産をどのタイミングで渡したらいいのかわからない、
というときは基本を知っておきましょう。

渡すタイミング

手土産を渡すタイミングは正式な挨拶が済んだ後です。
つまり、部屋に入ってから挨拶をするときに渡します。

もし部屋に入らずに失礼する場合は玄関で相手に受け取ってもらうと
いいでしょう。

このとき一緒に言葉をかけることが大切です。添える言葉は、本来なら
「つまらないものですが」というのですが、最近は別の言葉が主流に
なりつつあるといいます。

たとえば、「お気に召すと良いのですが」というものや「お口に合うか
どうかわかりませんが」、それから「心ばかりですが」という言葉を
添える人も多いということです。

相手に受け取ってもらう時に注意が必要なものもあります。

生花や生鮮食品などはもちろん、アイスなども注意が必要です。

溶けてしまったり、水気を持っているものは部屋に入れないのが
マナーだと考えます。

生花の場合は一言添えて玄関で渡しましょう。
このとき添える言葉は「よろしければ、お部屋に飾って下さい」と
いうものがおすすめです。

アイスや生鮮食品の場合、早く冷蔵庫に入れた方がいいので玄関で渡します。

手土産
添えるときの言葉でよく使う「つまらないものですが」を勘違いしている人も
最近は多いといいます。

「つまらないものですが」の意味は、誠意を持って選んだ品ですが
立派な貴方の前にお出しすると詰らない物のように思える、ということです。

つまらないものとそのまま受け取ってしまうようなことがないように、
きちんと理解することが大切です。

また、風呂敷や紙袋は本来ほこりよけと考えるのが基本だといいます。

ですから、風呂敷や紙袋に入れたまま渡してしまうのは失礼な行為なので、
風呂敷や紙袋から品物を取り出してから渡しましょう。

法事の時にふさわしい風呂敷の色は?

風呂敷を購入するときは、いろいろな点について考慮する必要があります。

もちろん予算も重要なポイントですが、特に大事なのは用途に合わせて
選ぶことです。

さまざまなシーンで利用できるものを選ぶのも一つの手ですが、
気を付けなければならないことがあります。

法事の場で用いる風呂敷は、マナーを重視して用意しなければならない
ことです。

適切な色のものでなければマナー違反になってしまいます。

基本的には紫のものを選択しておけば安心です。
紫は古来の日本では位の高い人が使用していた色だからです。

高貴なイメージが強いだけでなく、長寿を表すなど縁起の良い色としても
知られています。

そのため厳かな場であっても、気兼ねなく利用することが許されます。

お祝いの行事はもちろんですが、葬儀のような悲しみの場であっても
使用して構いません。

お祝いの色

赤系も厳かな場で使われることが多い色ですが、こちらは明るい雰囲気の
行事で用いられるのが一般的です。

お祝いのニュアンスが込められている色であるため、結婚式でなどで
見かけることが多いでしょう。

そのため、法事では用いないほうが無難です。
故人への慈しみの心が足りていないと解釈される恐れがあります。

特にピンクに近い色を選ぶと、場違いな雰囲気になりかねないので
気を付けてください。

無難な

青系の色は紫に準ずると見なされることが多いです。
そのため、法事で使用しても悪い印象を与えることは少ないです。

緑系の色も同様であり、特に和の雰囲気を大事にしたいときに
使われることが多いです

これらの慣習に鑑みると、新たに購入するのであれば紫にしておき、
そうでない場合は青系や緑系で代用しても良いでしょう。

商品によって微妙に色合いが異なるので、候補を絞った後は自分の
好みに合った物を選ぶことになります。

最終的には色だけでなく、材質や耐久性なども考慮して決めることが
大事です。

法事は特にマナーが重視される場なので、色にも十分配慮して
風呂敷を選びましょう。

慶事と仏事の包み方の違い

慶弔時に風呂敷を使うこともよくありますが、マナーを知らないと
恥ずかしい思いをしてしまいます。

特に慶事と仏事では風呂敷の包み方も違うので確認してから包むように
しましょう。

祝儀や不祝儀の金封を包む時に小さい風呂敷を使う人もいますが、
45センチの中巾を使いお祝い事には明るい色に包み、
お悔やみの場合は地味な色を使うのがマナーです。

お祝儀

祝儀の金封の包み方ですが、まず布を裏にして広げ、金封を中央よりも
少し左寄りに置きます。最初は左に布をかけ次に上にかけ、その後で
下に布をかけます。

最後に右をかけて先端を後ろに回し全体を整えると完成です。

不祝儀の金封の包み方ですが、布を裏にして広げ、金封を中央よりも
少し右寄りに置きます。
最初は右に布をかけ次に下にかけ、その後で
上にかけます。

最後に左をかけて先端を後ろに回し全体を整えると完成です。

弔事は左包みで慶事は右包みと覚えておくといいでしょう。

冠婚葬祭で使う風呂敷には特に決まりはありませんが、弔事には
赤系などおめでたい事をイメージさせる色は避けた方が無難です。

柄は慶事には花や鶴などが入ったものを使い、弔事には蓮や菊などの
シンプルな柄にすることが大事です。

使い分ける

萩なども色が明るければ慶事に使っても構いません。
周りの状況を考えて色や柄を選ぶといいでしょう。

地色がグレーや紫など地味なのに金の模様が入っている風呂敷も
ありますが、慶弔どちらで使っても構いません。

金の部分が多くて気になるようなら慶事で使うといいでしょう。

青でも慶事に使っていけない事はありませんが、男性の場合は
赤は抵抗があるという人もいるので青を使う人も多いです。

紫ならば慶弔どちらでも大丈夫なので紫を持っていると安心です。

仏事で香典を渡す時のマナーはむきだしにして渡すのはマナー違反です。

受付で記帳を済ませたらバッグかの中から風呂敷を取出し、
折りたたんだ布に香典をのせて両手で渡してください。

この時香典は表書きが相手側から見て正しい向きになるように
差し出すことが大事です。

風呂敷の基本の3つの包み方

風呂敷の歴史は古く、奈良時代には既に物を包む慣習がありました。

当時はまだ風呂敷という名前ではありませんでしたが、室町時代に風呂で
脱いだ衣類を包んだことからこの名前が定着したと言われています。

その後デザインや製造方法は変化したものの、四角い布で物を包む文化は
時代ごとに適応しながら伝統として現在に至っています。

包み方

風呂敷の基本的な包み方は3つあり、最も一般的なものを「お使い包み」を呼びます。

その方法は、包む品物を対角線の中央に置き、相対する2つの角を品物に被せて
残る2つの角を真結びします。

真結びすることで中の品物もしっかり安定するので運びやすいことがポイントで、
結び目に裏地の模様を出してアクセントにするなど、あらたまった場面でも
日常でも使える便利な包み方です。

2つ目は「平包み」と呼ばれる方法で、お使い包みと似ていますが結び目を
作らないことがポイントで、目上の人に持参するときや時候の挨拶などで
家に伺うときに使うフォーマルな包み方です。

方法は対角線の中央に品物を置き相対する2つの角を品物に被せるところまでは
お使い包みと同じですが、残る1つの角も品物に被せ、最後の角を品物の下に
包むように入れ込みます。

結び目が無いので中がずれやすいですが、風呂敷の模様が映える一番格の高い
包み方となります。

3つ目は「四つ結び」と呼ばれる方法で、対角線の中央に品物を置き対角線上の
2つの角で真結びをし、残る2つの角も真結びします。

しっかり包むことができるので安定感があり重いものも運べることがポイントで、
重箱など真四角な物や、中の品物が大きくて風呂敷の角を物の下に入れ込むことが
できない場合に便利な方法です。

瓶

これら以外にもワインボトルなどを包む「瓶包み」や、本など平たいものを
ギフト用に包む「リボン結び」など、使い方次第でいろいろな用途で活用できます。

結び目を解いて、どうぞ、と品物を差し出すことは、中の品を大切に扱おうとする
日本人ならではの心が生んだマナーです。

贈り手の心を表す風呂敷、日常生活の中に取り入れて活用してみましょう。

いまさら聞けない!知っておくべき風呂敷に関するマナーの全て

お歳暮やお中元を渡すときに紙袋に風呂敷に入れてといくと、
紙袋にはない風情や情緒が感じられます。

ただし、マナーをしっかり守っていないと、逆に悪い印象を
与えることもあるので気を付けなければなりません。

とはいえ、荷物を包むだけの物なので難しく考える必要ありません。

以下の基本的なマナーを押さえておくだけで多くの場合は事足ります。

風呂敷

まず部屋に入ったら置く場所に気を付けましょう。

どれだけ美しい絵柄や手触りの良い材質であっても、外側を包む道具で
あることに違いはありません。

そのため卓上に置くのは良くないですし、椅子や座布団の上も適切な
場所ではないです。

基本的には自分が座った場所の左隣に置いておきましょう。

また、いきなり渡してしまうのも無作法にあたるので注意してください。

部屋に通されると、そのときに風呂敷を広げて渡してしまう人が
多く見受けられます。

部屋で対面してしっかり挨拶をして、両者が落ち着いてから渡すのが
正しい手順です。

品物を出すときも気を使うことが大事です。
豪快に大きく広げるのは、礼節を欠いている仕草に該当します。

結び目を解いたら、慌てて広げる必要はありません。
広げずに品物だけを抜き出すのが奥ゆかしい作法とされています。

作法

このとき品物の方向には気を付けましょう。
相手側にいきなり向けるのではなく、自分の方に向けておくのがマナーです。

さらに、その後の風呂敷の扱いにも注意しなければなりません。
乱雑に丸めて片付けるのではなく、手際よく綺麗に畳むことが大事です。

出した品物はすぐに渡したくなるかもしれませんが、先に風呂敷を
畳むことを心がけてください。

渡すときは自分の方を向いている品物を相手の方に向けます。

ただし、いきなり勢いよく向けてはいけません。
いったん
90度だけ回して、続けて残りの90度を回転させます。
その後に両手を添えて渡すと良いでしょう。

風呂敷に関するマナーを守りながらここまで完了させれば、
まるで雅な儀式を終えたような雰囲気になります。